私立大コース

早稲田・慶応をはじめ、西南大・福大
久留米大医学部にも完全対応。

私立大医学部や難関私立大から
地元西南大や福岡大に至るまで多種多様な入試形態に対応

私立大に合格するには

私立大の入試は大半が3科目入試で、国立型と比べると勉強する科目が少なく勉強がラクと思いがちですが、科目が少ないぶん、どの科目も確実に得点しなければなりません。また、大学ごとに入試問題のクセがあり、やり方に慣れていないと時間もかかるし正答率だって下がってしまいます。対策としては、徹底した過去問分析と演習が不可欠ですが、受験生単独でただ過去問を解いただけでは形式に慣れるのに時間がかかり、しかもそれだけで終わってしまいます。この部分に関しては専門家にゆだねるのが圧倒的に効率的です。また、3科目とも得意科目であればよいのですが、そうとはいえ苦手科目があるのもしょうがないことではあります。どの科目で何割を取るか、戦略的な受験勉強が合格を近づけることになります。では、具体的にどう勉強していけばよいでしょうか。久ゼミでは前期から夏期にかけては基礎力養成に重点を置き、授業を展開していきます。まずはしっかしりとした基礎学力から身につけよう、ということです。これは大学別の演習を積む前に、応用力をつける土台がないといずれ行き詰まってしまうときが来る、ということです。久ゼミでは、授業と授業で学んだ内容を定着させるための演習をセットにして、さらにチェックテストを行って学力の確認をします。少人数制なので教師が生徒の理解度に合わせた授業を行い、一つ一つの事柄をしっかり理解させていきます。

 

私立大コースの特徴

1. 難関私立大志望の人に

私難関私立大のハイレベルな問題に対応するためには、知識力はもとより、読解力・表現力を高め、磨き上げていく必要があります。特に英語で得点力を高めることは大事です。久ゼミでは英語の講座は週5〜7講座(10〜14コマ)から成り、基礎力養成・基礎力完成の授業をはじめ、私立大志望者向けの「私大英語」なども含めて十分な量の授業を配置しています。これに加えて、後期からは早稲田大・慶応大・上智大・同志社大・立命館大など、志望校ごとの問題研究を通して、より高度な学力を獲得します。各大学の学部ごとの出題傾向分析とその出題パターン別対策を授業と演習のセットで体得していきます。

私立大コースの特徴

 

2. 西南大・福大志望の人に

地元の西南大・福岡大に対し、久ゼミは長年多数の合格者を輩出してきました。その中で指導されてきた『西南大英語』・『福大国語』などの大学別対策講座は、その教科に優れた感覚を持つ講師陣が過去問を研究し、攻略ポイントを生徒が効率よく学習できるように指導していきます。授業だけでなく、一人一人丁寧に添削指導を行うなど演習も含めた合格への最適プログラムは、西南大・福岡大合格という目標を達成するためのよき指標となってくれるでしょう。

 

 

 


 

 

3. 私立医歯薬獣医志望の人に

最難関である医学部入試では必要とされる知識のレベルも高く、中途半端な勉強では合格を勝ち取ることができません。歯学部・薬学部は一部で入りやすい大学はあるものの、国家試験の合格率などを考えると、できれば上位の大学で勉強したいところ。(その分仲間も学習意識が高くなります)。合格するために必要なことは、基本事項の徹底した理解、それを使いこなす応用力、そして、最後まで信念をつらぬく意思の強さです。久ゼミでは併設の九州医進ゼミと連携して難関突破のための講座を展開しています。少人数による徹底した指導は生徒一人一人の弱点を洗い出し、効率的に学習させることで、成績を上げていきます。


主な合格実績

久ゼミのシステムで薬学部に合格できた

山鹿 愛花(筑紫女学園高校出身)

同志社女子大学(薬学部 医療薬学科)

 浪人する時に、知り合いから久ゼミを勧められ入学しました。久ゼミは大手予備校と違い少人数指導で、わからない箇所はいつでも質問しやすく、先生と生徒の距離が近い所が特徴です。また、レベルに応じた科目クラス編成になっているので苦手だった数学は基礎からしっかり授業を受けることができ、大変助かりました。最終的に高校の時と比べて偏差値が20程度伸びました。合格通知が届いた時は、久ゼミで浪人して本当に良かったと心から思いました。
>>私立コース合格体験談のページ

久ゼミで充実した1年間を過ごせた

中村 柊野(柳川高校出身)

立命館大学(人文学部 国際文化学科)

西南学院大学(国際文化学部 国際文化学科)

立命館アジア太平洋大学(アジア太平洋学部 国際関係学科)

 現役時代は、模試では平均偏差値40以下を毎回とり、定期テストでは、どれか1つは赤点があるという受験とは無縁な生活を送っていました。「このままではダメだ!」と思い、親に頼みこんで久ゼミで浪人させてもらいました。久ゼミではとにかく予習をし、必死に授業を受け、復習し、夜10時まで学校の自習室で勉強して帰宅することを徹底し、わからない所はすぐ先生方へ質問しました。久ゼミの先生方の手厚いフォローと成績管理、メンタルケア等のサポートをしていただいたチューターと浪人させてくれた親、色々な方に支えてもらって合格を勝ち取れたと思います。充実した1年間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
>>私立コース合格体験談のページ

少人数レベル別授業で成績アップを実感できた

仁井見 崇史(小郡高校出身)

関西学院大学( 経済学部 経済学科)

立命館大学 (法学部 法学科)
西南学院大学 (経済学部 経済学科)

 浪人が決まった時、久ゼミの少人数レベル別授業に魅力を感じ、久ゼミで浪人することを決めました。自分のレベルに合った授業を受講するので、無理なく、しかもすぐに学力がついていることを実感できました。また、単元ごとのテストも頻繁にあるので、きちんと復習して理解できているのかが、すぐに結果として出てよい指標になりました。1年間久ゼミで過ごして思ったことは、いかに現役時、受験に対して甘く考えていたかということです。「何とかなるだろう」という考えは早い段階で捨てて、1年間必死に勉強に励んでください。そうすれば、合格切符が貰えると思います。
>>私立コース合格体験談のページ