高校2年生コース

学習の習慣が
しっかり身に付く!

高校1年生コース高校2年生コース
高校生コース2年生

高2生はライバルに差をつけるチャンス。

高2生は中だるみの学年と言われます。 部活、遊び、体育祭や文化祭...。 こういう時こそ、自学の習慣を身につけライバルに差をつけるチャンスなのです。


高校2年生3学期=高校3年生0学期

大学受験において受験の要となるセンター試験は1月に実施され、要求されるレベルも非常に高くなりますので、高校3年生になってからや、部活を引退後に受験モードに切り替えても間に合わないと考えておいた方がよいでしょう。全国の受験生を対象に実施したアンケートによると、受験勉強のスタート時期は2年生の2学期以前からと答えた生徒が約67%いました。まだ2年生だからではなく、2年生3学期は3年生0学期と考え、「年を越したら本格的な受験生」という意識を持つことが大切です。


受験勉強のスタート時期と大学合格率(%)



高校生コース現役合格の3つの戦略 戦略1

@基本は学校の勉強にあり。質問対応型自習室を使い日々の課題をクリアする

A弱点克服のための個別指導で苦手をつぶし、徹底的に基礎力を叩き込む

B十分な学習時間を確保し、莫大な課題をこなす計画性と効率の良さを身につける


戦略2

@経験と知識のある予備校講師の生ライブ授業で早期受験対策

A「聴くだけではなく、考え、学ぼうとする姿勢」を養う

B教師・生徒双方向の対話が可能な少人数授業で疑問・やる気を引き出す


戦略3

@部活との両立を図るため、計画性と効率の良い勉強法を習得する

A受験の要である学校の授業内容を徹底的に反復し、基本を叩き込む

B難易度の増す科目には、圧倒的な演習量でライバルに差をつける


戦略4

@学校帰りの自習習慣こそが現役合格を勝ち取る第一歩

A多くのライバルたちと切磋琢磨できる環境で、集中力を身につける

Bいつでも質問できる環境で、やる気も維持できる