久留米ゼミナールは平成19年に創業40周年を迎え、創業40周年記念誌の冒頭に、次のような我々の教育理念を誌しました。
 「教育とは待つことです。今、失意の底にあっても、自分を駄目だと決めつけてはいけないのです。あきらめず待つことによって、いつか花開くのです。40年の歳月はこのことを私たちに教えてくれました。」
 私たちの人生は困難に遭遇し、失敗や挫折によってしか成長しないし、人間的に大きくならないということです。人は自分の前に立ちはだかる苦難の壁を乗り越えることによって、新しい能力を手に入れてきました。これは人類の普遍的な歴史を貫く発展の法則です。かくて失敗や挫折は成長の契機でありバネであります。だからこそ人は常に挑戦し続けることによって、自らの可能性を拡げ成長するものです。久ゼミの当時のキャッチコピー“Challenge on”というのは挑戦し続けるという意味で、私たちが大切にしている精神です。“on”という副詞は、継続する、の意味があり、チャレンジし続ける久ゼミに集いし若者達を支え、教師も共に成長していこうというのが、日々私たちの合言葉であります。

学校法人 久留米ゼミナール
理事長 今 井 正 雄