合格体験談

自分が主役になれる予備校。少人数制の受験指導がここにあります。

大学受験科[看護医療系]

苦手科目は基礎から見直すことができました

齋藤 菜美子(三養基)
新見公立大学 看護学部 看護学科

 久ゼミ佐賀校の良かった点は、クラスが分かれていたこと、先生方との距離が近かったことです。私は基礎が固まっていなかったので、クラスが分かれていたことで基礎から見直すことができました。また、模試の後は先生との面談があり、苦手な教科は複数のゼミで基礎を固めながら熱心に教えていただきました。センター試験後は大学別で対策授業が行われて、個別で教えてくれたり、少人数で教えてくれるので、より理解が深まりました。

大学受験科[看護医療系]

苦手教科が楽しく、面白く思えるようになった。

重藤 紗理(佐賀北)
大分大学 医学部 看護学科

 浪人が決まった時、この1年間後悔が残ることがないくらい勉強をして結果を出そうと意気込み、勉強を始めました。先生方の解りやすい指導のお陰で現役時代よりも理解が深まり、苦手教科が楽しく、面白く思えるようになりました。そう思えるようになっても成績の伸び悩みが長く続きました。何度も心が折れそうになりましたが、一緒に頑張っている仲間、励まし続けてくださった先生方のお陰で最後まで努力し続けることができました。

大学受験科[看護医療系]

友人と競い合い成績が伸びた

糸岐 宗一郎 (佐賀清和) 
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 言語聴覚学科

 浪人時代は分からない問題を集中的に取り組みました。すると苦手だった科目の点数が少しずつ上がってきたので,やる気も上がりました。久留米ゼミナール佐賀校では友達ができ,互いに模試の点数を比べ一喜一憂することもあった。周囲に感化されて勉強することも多々あったので,勉強の環境としてはとても良好だったと思います。

大学受験科[看護医療系]

苦手科目が得意科目になった

光吉 明日香 (佐賀清和) 
広島国際大学 保健医療技術学部 診療放射線学科

 浪人が決定して徹底した復習と睡眠時間をきちんと取ることを心がけました。授業と復習がどれだけ大切なのかよく分かりました。数学ではベクトルと数列の面白さを教わりました。理論化学が全くできなかったけれど,先生のおかげで今では得意科目なりました。英文法ゼミでは,当てられる恐怖はあったけど,当てられることによって覚えていくことができ,先生はいつも自信のない問題を当ててきたので,超能力者かと思いました。