国公立大コース

全国トップレベルの国公立合格率!
福岡、熊本、佐賀、地元にも強い。



豊富な量の共通テスト対策授業で共通テストの得点アップ!
大学別の2次対策と合わせ、合格率85%を生み出します。

国公立大学の入試の現状とその対策

国公立大学の定員は全国総数で約10万人に対し、国公立大学の出願者数は約30万人と、合格率は全国平均で約34%となっています。こうした入試状況において国公立大学に合格するには綿密な学習計画を立てて勉強する必要があります。久ゼミでは国公立大学の志望者の内、80%以上の人間が国公立大学へ合格していきます。なぜこれほど高い合格率を維持できるのでしょうか。これにはまず少人数制であることがあげられます。少人数であるからこそ、教師が一人ひとりに十分に接することができ、最適なカリキュラムを考え、その人の能力、点数を最大限に伸ばすことを可能にします。共通テストでの点数で考えると、中には200点以上伸びる人もいます。この人たちはどういう勉強をしているのでしょうか。伸びる生徒は自分に足りないところはどの部分であるかを理解し、その部分を「分かって」いくことがメインになってくると思います。一般的な受験生にとって難しいことができるようになるよりも、できなかったことを一つ一つ丁寧にやっていく生徒です。また、分かってくると勉強がどんどん楽しくなってきます。この楽しさを味わってもらうために、授業やその後のフォローを含め生徒が納得いくまで教えていきます。

国公立大学の入試の現状とその対策

国公立大学に合格するためには共通テストで最低でも6割、学部学科によっては8〜9割の得点率が必要になります。どうすれば目標点に到達できるか、共通テストで点数を取るポイントは人によって変わりますが、基礎的内容が大事であることは共通します。実は、共通テストの点数を伸ばすには形式に慣れることが一番即効性のある対処法です。つまり問題の解き方を少し手ほどきしてもらい、あとは共通テストの過去問または実戦問題集を使って数多くの問題を解くと点数は伸びます。ただし、これには落とし穴があります。この“伸び”は「基礎となるしっかりとした土台」ができていなければ“期待するほど”の伸びにはならないからです。久ゼミでは、基本事項の確認から授業がスタートします。そして授業+演習+確認テストの組み合わせ。各種の確認テストなどで、理解度を常にチェックし、演習が足りていないと思われる生徒には演習ゼミに参加してもらい、徹底した基礎固めをしてもらいます。一つ一つの事柄の理解を深め、問題にその知識を当てはめる作業を反復練習させていきます。さらに共通テストで高得点をとるために、後期からは共通テスト形式の問題を扱う授業が入ってきます。今までに蓄えられた基礎力を開花させるべく、問題の解き方をレベル別に習得させていきます。ここでは、共通テスト独特の解き方も出てきます。共通テストが時間との勝負である以上、それに対応するためのテクニックは必要です。冬期実践期には「時間の使い方」を学習していきます。また、共通テスト対策ゼミや模試、実践テストなどで数多くの練習もこなしていきます。演習量の多さも実際に点数を稼ぐ意味では大きなポイントになっています。

 

国公立大学の入試の現状とその対策

共通テストで点数が取れても、2次試験の点数も確保しないと合格はできません。特に2次試験を重視する大学では、勝負できるだけの実力をつける必要があります。ただし、過去問で出ているからといって、その知識が必要とは限りません。場合によっては「この問題はみんな解けない」と悟って流しておくことも重要です。あくまで合格ラインを意識した勉強をしていくことです。久ゼミでは授業の講師がそのまま担任を持つので志望校と現在の学力との距離を常に念頭に置いた指導をしています。さらに、共通テスト後の直前期では生徒一人ひとりの出願先に合わせて大学別に講座を開講し、指導を行っていきます。さらには面接対策なども個別で対応しています。


教科書や参考書を何度も反復して習得することが大切

中村 柊斗(山門高校出身)

九州工業大学 工学部 工学5類

 久ゼミは授業の人数が、多くて30人程度なので個人的に集中しやすく、質問もしやすかったです。特に2次対策は大学ごとだったのでとても良かったです。去年、大学に全落ちしてどうしようもなく浪人することになり、最初の頃はなかなか勉強に身が入りませんでした。でも、周りで勉強をしている人達の姿を見て危機感と同時にやる気も出てきました。10月頃に成績が大きく上がりましたが、12月頃にはずっと停滞していて、目標の点数に届かないのではと、とても不安でした。参考書を反復し直前まで何度も解いて、本番では目標点に到達することができました。その後の二次対策では授業以外に自習をする時間も増えたので、問題数をこなすことができ、なんとか合格することができました。浪人して志望校に合格できて本当に良かったです。チューターの先生、各教科の先生方には感謝しきれないくらい感謝しています。1年間頑張ってよかったです。
>>国公立大コース合格体験談のページ

久ゼミの先生方や友達に支えらえた1年間だった

煢ェ あずさ(伝習館高校出身)

鹿児島大学 医学部 保健学科/理学療法学専攻

 去年、浪人することを決めてからあっという間に1年が経ちました。最初はあと一年も頑張れるのか不安が大きかったのですが、この1年久ゼミに通って合格を勝ち取ることができてうれしい気持ちでいっぱいです。久ゼミに通って良かったことは、先生方が一人一人を気にかけてくださってその人に合った授業をしてくださることです。他の予備校の友達から予備校の話を聞くこともあったのですが、先生との距離が近くとても親身になって考えてくださる先生がいらっしゃる久ゼミで学ぶことができて、本当に良かったと強く感じています。途中で気持ちが切れそうになることも多々あったのですが、先生方や周りの友達に支えられてここまで頑張ることができました。周りで頑張っている友達の姿に刺激を受けながら勉強できたのも、私にとっては良かったと思います。久ゼミに通って第一志望校に合格できたことは一生の思い出になりました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
>>国公立大コース合格体験談のページ

模試の成績に一喜一憂しないことが大切

石橋 廉(小郡高校出身)

広島大学 文学部 人文学科

 1年間の浪人生活を振り返って、大切だったと感じたことが2つあります。1つ目は、模試の成績に一喜一憂しないことです。その理由は模試の成績が良すぎたり悪すぎたりすると、勉強をしなくなるからです。だから、模試は自分ができない分野を探す1つの手段として捉えることが大切だと感じました。2つ目は、必須の授業に休まず出ることです。しっかりと授業に出ることで、その授業から学ぶ事が沢山あるし、生活リズムを整えることに役立ちます。また、授業を受ける際に新しく学ぶ事が出てくると思いますが、分からない点が多いことにショックを受けず、ゼロからのスタートとして、謙虚に学ぶ姿勢が大切だと感じました。また、久ゼミは高校やほかの大手予備校と違い、質問をしに行くと、職員室にいる先生が必ず答えてくれるので、大いに役立ちます。さらに1クラスの人数が他の予備校より少ないので、チューターアワーなどでは、担任の先生が一人ひとりをしっかりとサポートしてくれます。そのおかげで勉強に関する相談がしやすく、安心して受験校を決めることができました。1年間ありがとうございました。
>>国公立大コース合格体験談のページ