推薦対策講座
2020推薦対策講座は終了しました。
多数のご参加ありがとうございました。

推薦対策講座の特徴

熱血溢れる教師陣が最高のモノを提供‼

地元である久留米大学・福岡大学医学部に強い九州医進ゼミが 浪人生対象に培ってきた推薦合格のためのノウハウを高3生に本格的に導入 これまでの実績と経験に基づいた指導で医学部現役合格を狙います。

講座内容

久留米大学 医学部

指導科目

英語・数学 ・面接・小論文対策

日程

計8回(各回完結)+直前強化指導
2020年 9/20(日)・27(日)
10/4(日)・11(日)・18(日)・25(日)
11/1(日)・8(日)

※11/9(月)〜20(金) 直前強化指導期間

時間

《面接・小論文対策》 11:30 ~ 12:30
《英語》 13:30 ~ 15:05
《数学》 15:15 ~ 16:50


福岡大学 医学部

指導科目

数学・英語 ・面接

日程

計8回(各回完結)+直前強化指導
2020年 9/27(日)
10/4(日)・11(日)・18(日)・25(日)
11/1(日)・8(日)・15(日)

※11/16(月)〜27(金) 直前強化指導期間

時間

《数学》 13:30 ~ 15:05 
《英語》 15:15 ~ 16:50
《面接対策》 17:00 ~ 18:00



直前強化指導とは

上記8回講座(久留米大・福岡大)で欠席時の補講、及び入試直前までの強化指導期間です。最後の追い込みとして個別・グループ指導を行ないます。 【希望日時】要相談

 

合格者の声


【2019年度受講生】

医進ゼミの面談で『自分の甘さを自覚してハッとした。』

馬場 遼(弘学館高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦

 高3時、苦手な数学を克服する目的で九州医進ゼミへ通うことに決めました。自分は数学が出来ない上に、理科系科目も良い訳ではなかったので浪人する事も覚悟していました。しかし医進ゼミの面談で「現役で受かることだけ考えて勉強しろ。浪人という言葉を使うな。」と言われ、自分の甘さを自覚してハッとしました。あとは死ぬ気で数学を上げることに集中しようと、先生に支えてもらいながらひたすら底上げをしました。普段は寮生活なので限られた時間でしたが、面接や小論文も丁寧に指導して頂き、合格することができました。今回の合格は支えてくれた家族、医進ゼミの先生方や仲間のおかげであると強く思っています。感謝の気持ちを絶対に忘れず、入学後も自分に妥協せず、人生の最大の目標に向かって頑張ります。

福大推薦に特化、要点が押さえられ、力が付いていくのを実感できた

新郷 花音(弘学館高校出身)

  • 福岡大学 医学部 医学科 推薦

 私は福大推薦対策講座を受講しました。九州医進ゼミに通うまで福大推薦に関する知識がほとんどなく、残り2ヶ月という中でスタートラインにすら立てていない状態でした。不安でいっぱいでしたが、先生方が親身になって熱心に指導して頂き、楽しみながら授業を受けることができました。一つ一つの授業の内容がとても濃く、福大推薦に特化しており、要点がしっかり押さえられていたため力が付いていくのを実感し、弱点も克服できて徐々に自信がついていきました。自習中でも分からない所があれば丁寧に質問に答えてくださり、補講も沢山して頂きました。温かくて個性的で生徒のことを一番に考えてくださる先生方に支えられ、励ましてもらいながら全力で受験勉強に取り組むことができました。

先生方が一丸となって、合格の為に全力で指導されているというのがとても伝わってきました

吉川 孟(青雲高校出身)

  • 福岡大学 医学部 医学科 推薦

 自分は、英語はそこそこ自信がありましたが、いざ医進ゼミのテキストを解くとミスがいっぱい。得意とはいえ、授業はしっかり聞き、「満点を取るぞ」というつもりで勉強しました。英語を真面目にやっておいて良かったと思いました。もしやっていなかったら絶対無理だったと思います。ちなみに数学は元々苦手だったので、かなり丁寧に予習復習はしていたつもりです。 今回受験を通して感じたことは、まず自分の得意教科の実力を過信しないこと、謙虚な姿勢で学習に取り組むこと、先生方が言われたことを信じ、素直に受け止め、信頼する事がとても大切だと感じました。それを実行できたことが今回の結果につながったと思います。そのための環境が医進ゼミには備わっていました。短い間でしたが本当にお世話になりました。

「自信」が持てたのは医進ゼミの学習環境や先生方の言葉のおかげでした

東南 遼香(東明館高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦

 「合格」という文字を目にした時、それまで抱えていた不安が一気に吹き飛び、喜びで胸が一杯になりました。家族や先生方に感謝の気持ちで一杯です。現役の時と浪人してからの一番の違いは自分の成績に対する「自信」だと思います。決して自分の成績が「とても良い」訳ではなかったですが、現役の時より確実に上がり、自分がやってきたことに関しては「自信」を持っていました。その「自信」が持てたのは医進ゼミの学習環境や先生方の言葉のおかげだと思います。普段の授業とは別に推薦対策の授業をしっかり受け、過去問を何度も解き試験に臨むことができました。そして、一人一人に真剣に向きあって下さる先生方の言葉に精神的にも支えられ、乗り越えることができました。医進の環境は本当に自分に合っていて感謝しています。

ここで身につけた集中力と執着心はこれから必ず生かせるはず

岩井 梨紗(福岡女学院高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦

 医進ゼミの先生と生徒の距離の近さ、授業内容の濃さに驚きました。すぐに質問対応をして下さり、更にどこがいけなくて、これからどういう考えをもっていくべきなのかまで考えて下さいました。答えだけでなく導き方にも焦点を当てることで、自分に不足していた部分が見直せました。担任ではない先生も生徒一人一人のことを見ていて、合格のためにできることを熱心に指導して下さいました。また担任の先生は、数学が苦手な私に基礎プリントを一問一答形式で解法や考え方を書くのではなく、声に出して、頭にすぐ解法が思いつくような特訓を忙しい中、時間を割いて鍛えて下さいました。年度初めとは比べ物にならないくらい、スラスラと解法が思いつくのが信じられないくらい成長できたと心から思えます。本当に感謝しています。

自分と向き合い努力を重ねた時間は苦しいことも多かったがとても成長できた

木村 菜奈子(福岡雙葉高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦

 英語は、伸び悩んでいた科目でしたが復習に重点をおくことと、常に時間を意識して解くことで本番に力を発揮できたのだと思います。また少しでも疑問があれば、しつこいぐらいに質問に行くことで穴を埋めていくことが出来ました。数学は、苦手な分野から逃げないことで一つも穴を残さないことと演習量をこなすことが合格につながったと思います。前期のうちに、ⅠA・ⅡBのテキストを一冊仕上げることで基本~標準レベルの土台を作り、どの分野も抜けのないようにしました。また直前は先生と問題へのアプローチ方法をおさらいすることで、素早く問題に切り込んでいけるようになったと思います。また、入試は朝9時から実施されるということを意識した朝型の生活リズムを作ることもとても大切であると思います。




費用

校外生

合計120,000円/計8回  1日(1回)15,000 円 

高校生コース生
(個別指導受講生)

合計 80,000円/計8回  1日(1回)10,000 円 

●対象者:高3生

● 近年、推薦入試の問題は傾向が著しく変化しています。できるだけ数多くの問題をこなしておくためにも全8回のご参加をお薦めします。
●止むを得ない理由(模試等の学校行事)で欠席の場合は、補講を行います。
●途中からの参加者もフォローします。

※上記実施日程は、高校行事等の関係で変更になる場合があります。

※上記受講料には、直前強化指導料も含まれます。

※各5~10名のグループ指導です。
※受講生は上記の期間、医進ゼミ高校生専用自習室を利用でき、質問も受付けます。又随時、進路相談も受け付けます。


推薦対策講座への参加申込について

【推薦対策講座】受講(予約)お申し込みされる場合、お電話・当校窓口・WEBお問合わせフォームいずれかでお申込み下さい。
【WEBお問合わせフォームより受講申し込みの場合】
必要事項記入後、 (参加希望の講座名)(久留米大・福岡大いずれかの大学名)(参加希望日)等をお問い合せフォーム「お問合わせ内容」欄に直接、ご記入下さい。

お電話でお問合わせ・参加お申込み
WEBでお問合わせ・参加お申込み

0942-35-0600