推薦入試 合格体験談(久留米大)


地元久留米大に強い予備校


【久留米大】推薦入試合格体験談

苦手分野を集中的に対策してもらい、精神面でも親身に寄り添って頂いた

權藤 佑莉 (明善高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 私は四月に、自分の苦手や疑問をすぐに解決すること、気持ちのコントロールを自分ですることを浪人生活の目標にしました。
 早い段階から先生方に相談し、具体的な苦手分野に合わせて柔軟に対応して頂き、集中的に対策することで苦手を効率的に減らすことができました。特に苦手だった数学や物理は、基礎から学び直すことで、知識はあるが曖昧な部分を再吸収し、強化しました。先生とのやり取りを通して自分がどこで詰まっているかを探し出し、先生にしつこく質問したり、仲間が質問したことも取り込んだりして自分の中で納得するまで疑問に向き合うことで苦手を徹底的に潰すことができました。医進の先生方は、私がどんなに基本的な質問をしても真摯に向き合って下さり、質問のハードルが下がりました。先生方も私達と一緒に全身全霊で取り組んでいる姿に、私も日々やる気を頂いていました。
 また、勉強面だけでなく、精神面でも親身に寄り添って頂いたことが気持ちをコントロールする助けとなりました。自分自身も、ただ漠然と不安を感じるのではなく、自分の課題や解決策を明確にすることや、焦り過ぎず、すぐには結果が出ないことを念願に置いて根気強く勉強し続けることで、過度な落ち込みを抑えることができたと思います。
 私は推薦入試が第一目標でしたが、推薦対策以外の勉強も妥協せず、一般入試を見据えて、全ての学習に全力で取り組んだことが合格に繋がったと感じます。勉強も、面接・小論文の対策も全てが自分のプラスになると考え、今やっていることを信じて積み重ね続けることが大切だと思います。

レベルの高い授業と圧倒的な学習量が確保できた

廣松 龍太郎 (福岡大学附属大濠高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 私が医学部合格という目標を達成できたのは、この九州医進ゼミという環境で勉強したということが大きな要因だと考えています。
 まず、医進ゼミでは圧倒的な学習量を確保することができます。やはり、1年間を通して、一定のモチベーションを保って長時間勉強し続けるというのは非常に精神力を要することですが、医進では授業のみならず自習時間まで設定されているのでたとえ勉強に対して後ろ向きな気持ちになったとしてもそこから逃げるということは出来ません。その強制力こそが医進の魅力の一つだと考えています。
 また、何よりも、優秀な先生方によるレベルの高い授業というのも医進の魅力です。例を挙げるならば、私立医学部入試において、重要なポイントである小論文・面接対策の授業においては、添削や面接指導を行うだけではなく、地域医療の現状やチーム医療の重要性、最新の医療トピックについてなど医療に関して様々な視点からの講義がありました。これは私が面接、小論文を戦い抜く上での基礎体力になったと考えています。
 また、生物では医進ゼミ秘伝の授業プリント、問題集を繰り返し学習しました。この2つの教材はもともと持っていた生物の教科書の知識をより実践的なものにして、その上で演習を積むのに役に立ちました。
数学においては、私は通期と個別、推薦対策講座の3つを取っていました。とくに個別や推薦対策講座においては先生が私の解法の癖やミスしやすい箇所などを逐一指摘してくださったり、苦手分野に関しては追加プリントをくださったりするなど非常にきめ細かな指導をしてくださいました。
 最後に、私の合格は独力では絶対に成し遂げられないことでした。私を様々な面で支えてくださった方々へ心から感謝しています。

今の自分を変えたいと思いすぐに行動した

中川 凛子 (弘学館高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 高3の秋から一年間、医進ゼミにお世話になりました。私は高1の時から高校の担任の先生から「国立医学部を目指すなら、今の成績だと二、三浪はする」と言われ続けてきました。その言葉が悔しくて今の勉強法を改めようと試みましたが、日々の授業や部活に疲れて結局自分を変えられませんでした。それが高3の夏まで続き、久留米大学医学部の推薦を受けようと決めた後医進ゼミで対策授業があることを知り、親に頼み込んで対策授業を受け始めました。
 医進ゼミに来て驚いたことは、先生方の指導のわかりやすさ、サポートがとても手厚いこと、学習環境が整っていることでした。現役の時は、ほとんど直前勉強のようなものだったので予備校に来て必死に勉強しましたが推薦入試は不合格。推薦入試が終わった後からは、共通テストに向けた勉強をサポートしていただきました。
 浪人が決まってからは、本格的に授業が始まる前から自習に来て数学と化学の基礎計算をひたすらしました。授業が始まってからは特別なことは特にせず予習と復習、課題に目一杯取り組みました。
 受験に限らず試験で大事なことは、習ったことが試験で出来るように「間に合わせる」ことです。私はこれができたのは浪人生になってからです。今の自分を変えたいと思ったらすぐに行動してください。医進ゼミの先生方がしっかり支えてくださいます。そして医進ゼミの学友とは互いに支えあえる仲になれます。私も友人たちに何度も励まされました。
 最後に、私を大きく変えてくださった医進ゼミの全ての方々に深くお礼申し上げます。

合格のために必要なのは、諦めない姿勢

本原 悠汰 (青雲高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 私の高校時代、そして浪人生活を振り返ると決して楽な道のりではなかったように改めて感じます。高校に入学して、周りの人の志望の高さに気付きながらも国立の医学部に合格するという目標を立てました。この目標達成のため高一の頃から平日は六時間、休日は十二時間勉強と追い込みました。それでも成績は全く上がらず、学校の先生には「どこかのタイミングで必ず成績が上がるから信じろ」と言われ耐えてきました。そして成績も上がらないまま高三を迎えました。今まで勉強してこなかった人達も本格的に勉強を始め、成績を上げていく中、自分もさらに追い込んでも現状維持どころか下がっていきました。
 毎日劣等感を感じる生活で才能がないのだと自分を信じることもできなくなりました。
 そんな時、先生や周りの人から「医学部を諦めろ」と言われ悔しくて言葉になりませんでした。結局合格することができず浪人することになりました。そして九州医進ゼミに入塾し「今年で決める」と意志を固め、休み時間や日曜日なども活用し、勉強に励みました。けれども、思うように成績は上がらず高校の二の舞になるのではと不安になりながらも、担任の先生の励ましもあり頑張り続けることができました。徐々に習熟度テストなどで名前が載るようになり自信もついていきました。それでも久留米の過去問を解いても合格ラインには全く足りませんでした。特に英語は苦手意識はないものの、点数にならず苦しみ何度も何度も解き直して質問にいきました。今思うと、こういった諦めない姿勢が合格のために必要だったのかと思います。私の合格は本当に先生方や事務の方の手厚いサポートと、共に頑張る仲間があってこその合格であったと思います。

ペースを崩さず自分に合った勉強法を見つけた

江口 真惟子 (佐賀西高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 私は一年と数カ月の大学生活を送り、今年の七月から医進ゼミで勉強を始めました。ブランクがあったため個別指導のみでしたが、自分のペースで授業を組み、勉強できたので短期間で学力を伸ばすことができました。私は全て一からの勉強で、教科書の例題を解き直すことから始めました。すでに沢山の勉強と演習問題やテストを解いている他の受験生を見て不安になることも多々ありましたが、自分のペースを崩さず自分に合った勉強法を見つけたことが合格につながったと思います。先生方もどんなに基本的な問題でも理解するまで丁寧に対応して下さり、感謝しています。特に苦手だった英語は、まずは英語そのものの力をつけ、過去問を徹底的に解いたことで受験本番には強みになっていました。数学は抜けていた知識を確実に定着させ、過去問や予想問題を多く解いたことで久留米大学の傾向に慣れることができました。面接、小論文は繰り返し練習したことで本番緊張しても焦らず臨めたと思います。また、担当の先生以外の先生方もよく声をかけて下さったり質問に対応して下さったりと、とても良い環境で勉強できました。医進で過ごした時間は短かったですが充実した時間でした。医進に来て良かったです。
 最後に、浪人生活は精神的にも肉体的にも辛かったです。しかしどんな時でも私の再受験を応援し、支えてくれた家族、先生方、友達など多くの人達のおかげで合格することができました。感謝の気持ちを忘れず、これからも頑張ります。本当にありがとうございました。

先生と積極的に話し、計画を立てることで、
コツコツと勉強を続けることができた

松尾 亜胡 (青雲高校出身)

  • 久留米大学 医学部 医学科 推薦合格

 高1の冬から九州医進ゼミへ通い始め、推薦入試で久留米大学医学部に合格することができました。高1の頃は学校の授業の進度についていけず、医学部に合格する未来が全く見えませんでした。医進ゼミに通い出してからまず大きく変わったことは、自分が今やるべきことが明確に分かるようになり、受験に対する不安が減ったことです。先生との心の距離が近く、不安があるとすぐに相談できることが私にとって心の支えになりました。がむしゃらに勉強するのではなく、きちんと計画を立てて毎日勉強を積み重ねることで、確実に現役で合格できる力を身につけることができたと思います。1、2年の頃は定期試験で良い結果が出せるように、分野ごとに絞って対策を行ってきました。私は化学が苦手でしたが、先生に何度も質問して取り組んでいくうちに、いつの間にか得意科目になっていました。この時コツコツ頑張っていたおかげで、3年になっても楽しく勉強をし続けることができました。
 担当の先生方は、わからないところを集中的に演習を行い、確実に高得点がとれるように様々な工夫をしていただきました。直前期には個人的にプリントをもらい、徹底的に苦手潰しをしていき、面接の指導を何回も行ったり、相談にもたくさんのってくださいました。推薦入試後、自分の本領が発揮できず落ち込んでいた時も、先生は親身になって話を聞いてくれました。勇気をもらった私は翌日から共通テストや一般入試のための勉強を始めていたのですが、合否発表をみると推薦入試で合格していました。
 家族や医進ゼミの先生方のご協力なしでは、絶対に現役合格は掴み取れなかったと思います。2年間という長い期間お世話になった先生方には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。



お問い合わせ・ご相談は・・・

お電話でお問合わせ・参加お申込み
WEBでお問合わせ・参加お申込み

0942-35-0600